馬上剛 プロフィール

馬上剛 プロフィール

1973年(昭和48年)宇都宮市生まれ。42歳
宇都宮北高校よりオーストラリア高校留学(3年間)
帰国後、成田航空専門学校国際観光学科卒業、国内旅行業務取扱主任者資格取得
県議会議員秘書
衆議院議員秘書
2008年 環境リスクマネジメント株式会社設立
2011年 統一地方選宇都宮市議会議員選挙初当選

【学校・教育系の活動】
元・中央地区子供会育成会連合会長(第15代)
前・中央小学校PTA会長(第31代)
旭中学校PTA副会長
宇都宮市PTA連合会常任理事
中央小地域協議会役員(中央小宮っこステーション顧問)

【まちづくり系の活動】
中心商店街活性化委員会青年部事務局長
中央地区まちづくり推進協議会役員(コミセン運営委員長)
宇都宮市消防第六分団団員
中央地区体育協会理事 等々

■栃木県土地家屋調査士会顧問
■自由民主党とちぎ未来塾(第一期~第五期)修了生
■とちぎ自民党青年世代議員の会役員
■宇都宮市議会議員一期(会派・自由民主党議員会)

 

H25年度 厚生常任委員会副委員長
H26年度 総務常任委員会委員長

立候補にあたって

所信表明

日頃のご支援に熱く感謝申し上げます。
お陰様でこの四年間、皆様からのご恩を胸に常に市民の皆様の幸福と地域の発展を念頭に議会活動・政治活動に邁進することが出来ました。それとともに多くを学び、経験も積ませていただきました。
さらに42歳の若さと行動力、新たな使命感を持って鋭意努力してまいります。どうぞより一層のご支持・ご支援をよろしくお願い申し上げます。
馬上剛

すべての人が笑顔で暮らせるまちづくりの推進

買い物弱者対策と限界集落対策

capital03

公共交通の拡充/地域内交通・デマンド交通・乗り合いタクシーの活用
都心の居住性を高める施策の実践
拡散する市街地の抑制と空き家対策・有効利用の促進
地域コミュニティーの再生を図り、隣近所でお互いに見守りながら生活ができる環境の整備
健康寿命を延ばす各種施策の充実・・・等

 

子供たちと教育

capital02
道徳観や自助・共助・公助の精神を大切にする教育の復旧
学校の安全・安心の確保
小・中学校への防犯カメラの早期整備、通学路の案税確保・・・等

東京一極集中是正に向けた受け皿としての宇都宮づくり

capital01

中心市街地の活性化・魅力化
バンバ地区の再開発、駅西再整備の促進
東西基幹交通LRTと東武線・烏山線・日光線とのリンク機能の強化
インバウンド(地元誘致)の受け皿としての観光ハブシティー構想の推進(日光・益子・那須・鬼怒川川治・塩原・中川などへの観光ハブ機能強化)・・・など

政策資料

馬上剛の政策資料を配布しております。 ダウンロードして、ミニ集会などでご活用ください。

中心街から立ち上がる!

「都市」と「街」

市政報告会

 

過去の政策資料

『馬上剛』の議会活動から(質問・答弁などの要旨/順不同)

【質】街中のデマンド交通整備について

今後、都心部周辺の循環バスの拡充など、高齢者の日常生活に利用しやすい公共交通の確保に努力していく・・・・★南循環線や平松本町線などを社会実験として。

【質】街中心商店街出店等促進事業について

今後、集客施設ばかりでなく、子育て・教育・医療・福祉などの生活支援機能への拡充も大切であることから対象業種の拡大を検討していく・・・・・★拡充に道筋

【質】ふれあい・いきいきサロン事業について

健康寿命の延伸をはかるため、身近な人々が集う居場所機能を中心都市tえ、より一層事業の効果を高め、広がっていくよう支援策を検討していく。

【質】中央コミセン整備について

中央コミセンは利用者数の多いことから、その整備について検討していく・・・・・★再整備について道筋がつく

【質】都心部のバリアフリー化について

歩きづらい、景観を損ねるなどの意見があることから、さらに歩いて愉しく、安全なみちへの道路改修に取り組んでいく。

【質】道徳教育について

昨年度から心の教育プロジェクトを立ち上げた。様々な体験学習や交流活動を道徳の時間と関連づけて、規範意識や思いやりの心など、豊かな心をはぐくむ取り組みをさらに推進していく。

【質】釜川の水流を利用した小水力発電について

子どもたちの環境学習など、意識啓発の効果も期待できるので、流量や水利の関係などを調査して検討していく・・・・・★1年後の議会において実施の答弁へ。

【質】街使いやすい制度融資と国の補助制度活用について

利用者にとってより利用しやすい制度融資へ、また、国の補助制度の一層の活用をめざして、さらに活用促進と既存補助制度の見直しを図っていく。

【質】街高齢者など地域活動支援ポイント事業について

対象者を60歳以上に引き下げ、国が推奨する「介護支援ボランディアポイント制度」を拡充し、中核市では初のボランティア団体への寄付を組み入れた多様なポイント交換先を設定する等の努力をしていく。

【質】中心市街地活性化と再開発事業について

駅西口は50万都市の玄関口としてふさわしい構想に、またバンバ地区再開発事業においては県都の顔であり、本市の歴史と文化を支えてきた重要否都心地区であることから、地元の再開発組合や事業協力者が一体となって早期実現するよう一層支援・指導していく。

【質】街小・中学校への防犯カメラ設置について

児童生徒の個人情報保護との関連もあって難しいものと考えるが、より効果的な防犯対策について検討していく・・・・・★その後、防犯カメラ設置の答弁へ。

その他、雇用対策、危険ドラッグ問題、人口減少社会への対応、プロスポーツ支援などについて課題提起をしてきました。